あ行

あ行一覧

あがら
あがら ●解説 「じぶんたち」のこと。 和歌山では、自分のことを「わが」「わえ」「わい」「わし」と色んな表現をします。 自分たち(仲間)のことを、「わがら」と「ら」を付けますが、それがまたまた訛って、「あがら」になったようです。 紀の川市周辺でよく使われます。 ●応用編 あがらのチームは、どてらい強...
あっし
あっし ●解説 「わたし」のこと。 女性が使います。「あたし」が訛って、「あっし」になったんでしょう。 ちなみに、「あたしたち」は、「あっしら」と表現します。 ●応用編 あっしの靴、どこにあるか知らん? (わたしの靴、どこにあるか知りませんか?) あっしらの学校、おもろいで? (わたしたちの学校は、...
あかんたれ
あかんたれ ●解説 「だめな人」のこと。 関西で「だめ」のことを「あかん」というのは良く知られていますが、その「あかん」人のことを「あかんたれ」と言います。 ●応用編 あいつ、あかな。どてらいあかんたれやで。 (あの人はダメだ。すごいダメな人だよ) この、あかんたれ!そのくらいの事もできやんのか! ...
いぬ
いぬ ●解説 「帰る」「去る」の意味。 これは、和歌山の紀北地方だけではなく、関西地方でよく使われる。 相手に自分が帰ることを伝える場合、「もう、いぬわ」という表現をする。 相手に帰ってもらいたい場合、「いんで」という表現になる。 ●応用編 おもろないし、もう、いぬわ。 (面白くないので、もう帰るよ...
いらう
いらう ●解説 「触る」こと。 「触る」「触ったら」の場合、「いらったら」になる。 ●応用編 そんなもん、いらったら、きちゃないで。 (そんなもの触ると、汚いよ)
おいやん
おいやん ●解説 「おじさん」のこと。中年以上の男性を対象に使用する。 和歌山の紀北地方で最もメジャーな方言の一つ。 年を取った男性のことだけでなく、若者同士でも、「おいやん」を使う場合も多い。 ●応用編 あの、おいやん、おもろいなー。 (あのおじさん、面白いね) おいやん、これなんぼ? (おじさん...
おっぱ
おっぱ ●解説 「おんぶ」のこと。 ●応用編 しんどかったら、おっぱしちゃろか? (疲れたら、おんぶしてあげようか?) おっぱして! (おんぶして!)←子供が多用する・・・
おもしゃい
おもしゃい ●解説 「おもしろい」の意味。 関西では、「おもろい」という表現が多いですが、和歌山の紀北地方では、それが訛って「おもしゃい」になります。 ●応用編 「このテレビ、おもしゃいわー」 (このテレビ番組、面白いよ) 「あー、おもしゃ!」 (あー、おもしろい)
おとろし
おとろし ●解説 「恐ろしい」の意味。 和歌山県人は、なんでも単語を短く発音します。この場合、「恐ろしい」→「恐ろし」→「おとろし」に変化したんでしょう。 ●応用編 「おとろしよー」 (恐ろしいよう) 「どてらい、おとろしかってよー」 (すごく怖かったよ) 「そんなことして、おとろしよー」 (そんな...