さーよ

さーよ

●解説

「さあね」の意味だが、和歌山県人(紀北地方)は、とにかくこの言葉を最初に言います。
「さーよ、それがな・・・」とか、話の始まりに、意味もなく使います。
また、「よく分からない」場合にも使います。

●応用編

「病院行って来たんかい?」に対して、「さーよ、こないだ行ってきたんやけど・・・」
(↑この場合は、単なる話のつなぎに使います)

「わえ(僕)のメガネ、どこ行ったんや?」に対して、「さーよ、知らんでぇ」