ちったかし

ちったかし

●解説

「ちょっとだけ」の事。
また、「ちょっと」のことは、「ちった」と言います。「もう少し」という意味でも使われます。

●応用編

「なんや、ちったかしやな」 (なんだ、ちょっとだけだね)
「ちったかし知ってるさかいって、えらそうにすんな」 (ちょっとだけ知ってるからって、 偉そうにするな)
「ちった、努力したらどうよ」 (もう少し努力すればどうなの?)